ピンボールゴジラVS新世紀エヴァンゲリオン

賃料5万円以下の賃貸物件を探す

家賃・管理費を合わせても5万円以下で住める賃貸物件

賃料が高すぎて支払えないという方のために、家賃・管理費を合わせても5万円以下で住める賃貸物件を紹介いたします。安いと不安に思われるかも知れませんが、家賃5万円以下の物件でも新築、駅近、高機能物件がたくさんあります。お得な掘出し物件が見つかるチャンスですので、ぜひご活用ください!

※東京都23区内は賃料7万円以下

物件選びのノウハウ

【賃料5万円以下の賃貸物件に住むメリット】

賃料が安い物件には、その賃料の安さがメリットなのはもちろんの事さまざまなメリットがあります。

<貯金ができる>

賃料が安いため、貯金がしやすいです。
生活費には固定費として毎月金額が決まっているものと、金額が変動するものがあります。
計画的に貯金をするには、この固定費を抑えることが肝心です。
家賃等の固定費が高いと、自由に使えるお金が減るため貯金に回す金額も比例して少なくなってしまいます。

【賃料5万円以下の賃貸物件は間取りに要注意】

賃貸物件の賃料は、さまざまな要素によって決まります。
駅近などの立地や、物件の築年数が影響します。
その中でも賃料に大きく関わるのが間取りです。
部屋数や、広さによって賃料が大きく変わります。
賃料が安い物件の特徴は、自然と部屋数が少なかったり、面積が狭かったりします。
そのような特徴から、主に1Rや1Kが賃料の安い間取りとされています。

【賃料を抑えるためにはエリアも重要】

賃料にはエリアも大きくかかわってきます。
もちろん需要の高い都心部や主要駅の近くは、間取りがどれだけ狭くても賃料が高くなる傾向があるので、賃料を抑えるためには郊外なども検討しましょう。

条件を追加する

種別
間取り
駅徒歩
築年数

その他のこだわり特集

学生向け物件特集

賃貸物件を探す際、賃料を抑えつつ快適な生活を送ることは、学生生活において重要な課題です。適切なエリア選びと予算・設備のバランスを見つけることは、成功への第一歩です。この記事では、学生向け賃貸物件の選び方について詳しく説明し、妥協点を見つけるコツを提供します。

【賃料を抑えるためのエリアの選び方】

賃料を抑えるためには、エリアを選ぶことが重要です。 需要の高いエリアは賃料が高くなるからです。
以下は賃料を抑えつつ、快適な学生生活を送るためのポイントです。

【交通の利便性を考慮】

公共交通機関がアクセスしやすいエリアは、通学や通勤に便利ですが、その反面賃料が高くなりやすいです。
少し離れた場所を検討することで費用を削減できます。

【妥協点を見つける】

完璧な物件は稀です。必要な設備と予算のバランスを考え、最も重要な条件に合致する物件を選びましょう。

【家具の有無を検討】

家具付きの物件は便利ですが、賃料が高くなることがあります。自分で家具を揃えることで、賃料を節約できるかもしれません。

【共有住居の利点】

ルームシェアやシェアハウスは学生向けに経済的な選択肢です。友達や仲間と住むことで賃料を分担し、社交的な経験も得られます。

その他のこだわり特集

賃貸物件の特集一覧

読み込み中